お月さまいくつ

オタクの日記

『キャロル』レビュー/一瞬の出会いが永遠になる

 

キャロル

 

「誰にでも起きることだとは思わない?」

 

1950年代といえば、同性愛者のとって一進一退の時代ではないだろうか。同性愛を法で取り締まる時代から革新が起こるものの、完全に「同性愛者=異端者」のイメージを拭うことは出来ない。1950年代のニューヨークが舞台の今作『キャロル』でも、夫との離婚を望む女性は、同性を愛した過去がある故に、自分の娘の親権を得るには「不道徳」だと非難されてしまう。クリスマスを前に娘と引き離され、悲しみに暮れるこの女性は、デパートで知り合った「天から落ちた人」と2人で旅に出る。この2人こそ今作の主役である「キャロル」と「テレーズ」だ。

 

 

 

キャロル
出演:Carol (2015)

 

「天から落ちた人」とはテレーズのことだ。

2人は高級デパート店の店員とお客として出会うのだが、娘のクリスマスプレゼントを購入したキャロルが店に手袋を忘れたことにより物語は始まる。キャロルの注文した「列車セット」の伝票を書いたテレーズは、書かれた住所を使いキャロルの元へと手袋を郵送する。そして後日、キャロルは手袋を届けてくれたお礼にとテレーズを食事へと誘うのだ。そこでキャロルはテレーズに向かって言う。「不思議な人ね。天から落ちたよう」と。

彼女たちは出会いを重ねるうちに惹かれあい、愛し合うようになる。今作品は「同性愛」を扱っているものの、純粋な恋愛ストーリーに変わりわない。映画のジャンルにおいて「同性愛」という括りはなくなっても良いのかもしれない。彼女たちは早い段階でお互いがお互いに愛し合える存在だと気づく。それは単純に、彼女たちが運命的な出会いをするからだ。テレーズは異性愛者で当初異性の恋人もいるのだが、店に買い物にきたキャロルを見つめる彼女の瞳は、一目惚れのようにも見える。またそれは、キャロルにとっても同じだとしたらどうだろう。彼女は手袋を店のカウンターに忘れていくのだが、これが”わざと”であった可能性はないだろうか(私はあったと言いたい!)。2人の出会いのシーンは、どちらかと言えば、キャロルの瞳を通すようにしてテレーズの緊張のほうがより伝わってくる。それがとても甘酸っぱく感じてしまうのはなぜだろう。キャロルの匂いや言葉のひとつひとつの振動を、鑑賞者もまた画面越しに緊張しながら感じてはドキドキするのだ。(これは私が、キャロルとテレーズの、どちらかと言えばテレーズに近い日常を送っているからかもしれない。)

私たちであっても、カールされたブロンドの髪、赤い口紅、ふっくらと膨らんだファーコートの毛並み、そして優しげに笑うキャロルを、一度きりの出会いだとしても、しばらくの間忘れることは出来ないだろう。それほどキャロルは魅力的なのだ。しかしこれが、お互いに惹かれあうとは限らない。キャロルもまた、テレーズの中に光を見るのだ。だからこそこの2人は運命の出会いをしたと言ってもいい。

 

 

キャロル
出典:Carol (2015)

 

「夫婦だけで大晦日は一度も。ハージは仕事優先で、顧客の接客ばかり。」

「新年はいつも独り。人ごみの中で…。今年は独りじゃない。」

 

彼女たちが旅に出る姿は、観ているこちらとしては幸せで仕方ない。キャロルが夫と離婚したがる理由は、自分が自分ではいられないことへの不満だった。しかし、夫はキャロルを自分の傍に置いておきたいがために、娘の親権をキャロルへと与えないことを脅しとして使う。夫にとってキャロルは、自分を飾るための宝石でしかないのだ。そんなストレスを抱えるキャロルだが、テレーズと一緒にいる時は少女のように笑い、冗談を言う。そんな姿が見ていてうっとりするのだ。朝食を共にし、香水を分け合い、ベットを共にする。そんな2人が愛おしくてたまらない。

 

映画はいつでも問題を抱えているものだし、今作品も幸せは長続きしない。

アッと驚くストーリーを持つわけでもないし、どちらかと言えば古い映画を思わせるようなエンドなのだが、キャロルの抱える問題というものが、私たちを完成されたンドへと向かわせる甘い蜜のようなのだ。その意味でも、今作品はとても王道な作品になると思う。愛し合う2人が「同性」だということは、鑑賞者が幸せを感じるには些細なことでしかない。私としては、今作品はとにかく幸せな2人を見て欲しいのだ。

『キャロル』は私にとって繰り返し繰り返し、見続けたい映画となった。

 

 

キャロル [Blu-ray]

キャロル [Blu-ray]