She's Lost Control

記録とメモ。

近づけば近づくほど騙される『グランド・イリュージョン』感想

 

グランド・イリュージョン
 
Now You See Me (2013)
Director: Louis Leterrier

 

 

 

評価:☆☆☆☆

 

だ~~ま~~さ~~れ~~た~~~~(^ー^)

騙されました。

今作品オチが分かった人はすごい!

わたしは心が純粋だから分からんかった(お??)

 

 

 

あらすじ

 

マジシャン集団「フォー・ホースメン」が「銀行からお金を盗む」というマジックを成功させることでFBIから追われることとなるお話。

 

 

 

豪勢なトリック

 

能力あるマジシャンとそれを支援してくれる人がいれば、あれだけ豪勢なマジックショーができるって凄い。

海外ではあのぐらい普通なんでしょうか。

マジックのために地下に銀行の内部を作っちゃうのにはビックリしました。

お金ないと無理だな。

マジックショーがまるでロックフェスのようにあれだけ盛り上がれるのは楽しそう!

 

それにしても、マジックは頭の良さや技術があってこそだと思いました。

魔法じゃないんですよね。

「フォー・ホースメン」のメンバーはみんな技術だけじゃなく度胸もあるような人達ばかりでしたが、中でもメンタリストのメリット・マッキーニが好きでした。

人の動作から心を読んでしまうというのは、また別の技術ですよね。

簡単に人に催眠術をかけちゃうのはちょっとゾッとする。(でも一度は経験してみたい)

 

 

 

見どころはマジックだけじゃない!アクションも!

 

 度胸あるマジシャンはアクションもこなす!

若手マジシャンのジャックとFBIのアクションはすごくワクワクしました!

闘いながらマジックのトリックでFBIをすり抜けていくシーンは爽快。

投げたトランプが痛そうなのには笑った(笑)

「子供扱いされたくないんだろ?計画を遂行しろ」と仲間に言われ「逮捕なんていやだ!」と不安がっていた顔からは信じられないジャックの暴れっぷりでした。

 

それにしても先の先を読むというのは凄いですね。

頭が悪いと自分の策に自分で溺れそうなんですが。

先の先をいっていたはずのダニエルたち(そしてそう思っていた鑑賞者)なんですが、これもまたひとつのミスディレクションだとエンドで気づくことに…!

 

 

 

本当のストーリーは?

 

「マジックショーを成功させ、計画を遂行するマジシャンたち」のお話に集中していると、いつのまにか騙されます。

騙されました~~~(^ー^)

本当は「FBIのふりをした”アイ”が父親の仇を討つために、フォー・ホースメンを囮にサディアスに復讐する」というお話だったんですね。

それにしてもディランの計画は壮大すぎます。

だってまず復讐するためにFBIに入ったわけだし、ずっとフォー・ホースメンを追いかけるふりをしながら裏では彼らを誘導していたわけです。

相当な執念がなきゃできませんよ。

このオチには「うわ~騙された~^~^」となりました!

気づけそうなオチではあるのに、フォー・ホースメンのストーリーに集中しすぎていた(近づきすぎていた)んですね~うお~^~^

 

 

 

まとめ

 

劇中の壮大なトリックを同じように体験しているかのようなオチには、思わずウワーッ!と声を上げました。

それからメンタリズムというものにとても興味が湧きましたね!

いつか本を読んで勉強してみたい!