She's Lost Control

記録とメモ。

友情は事件で強く結ばれ…る?『シャーロック・ホームズ』感想

 

シャーロック・ホームズ
Guy Ritchhie 『Sherlock Holmes』 (2009)

 

 

 

評価:☆☆☆

 

今もなお人気の衰えることのないイギリスの推理小説『シャーロック・ホームズシリーズ』。アニメや映画など様々なところで作品化されていますよね。

わたしはBBCのテレビドラマ『シャーロック』を鑑賞済み(シーズン3まで)だったのですが、こちらの映画はまだ観たことがありませんでした。

 

 

 

 

あらすじ

 

舞台は1890年のロンドン。探偵のシャーロック・ホームズ(ロバート・ダウニー・Jr)と相棒であり同居人のジョン・ワトソン博士(ジュード・ロウ)は、5人の女性を儀式で殺害したブラックウッド卿の新たな犯行を阻止することに成功する。

ブラックウッド卿は絞首形となったが、事件はこれで終わらず…。

 

 

 

 

 

まだ映画をそんなに知らない頃はフーンって感じだったんですけど、ロバート・ダウニー・Jrとジュード・ロウって映画ファンなら興奮するコンビですよね?

ジュード・ロウが助手ってわたしなら仕事がままならなくなるわ。

 

 

頭脳だけじゃない!肉体派なシャーロック!

 

「シャーロック・ホームズ」も使い古されたキャラクターかと思えば、作品によって様々な描かれ方をしていて面白いです。

今作品のシャーロックは、とにかくよく戦う!びっくりするほどの身のこなしです。

天才の変人と言われているように、瞬時に頭でシュミレートしてから敵を討つ。常人じゃ真似できません。

かと思えば家に引き籠り、ジョンに部屋のカーテンを開けられ芋虫のように這って嫌がる姿には笑いました。落差すごいな。

原作のシャーロックもこんな感じで変人に書かれているのでしょうか。

ここへきて原作の書かれ方が気になったよ。

 

 

 

 

シャーロックとジョンはズッ友だよ!

 

喧嘩するほど仲がいいと言いますが、ほんとこれ。

ふたりは友情と愛情ギリギリのところにいますよね。

留置所にて「服を勝手に持ってくし、僕の犬には変なことするし!」「いや、わたしの犬でもある。わたしたちの犬だ」とか言い合ってる姿には、夫婦か??と思わざるを得ない…。

ジョンに構ってもらえなくてしょげるシャーロックも、構ってもらうためにわざと演技するシャーロックに気づいてるジョンもほんとダメよ(萌えるから)。

ふたりは永遠のズッ友です。

こういう度の超えた友情がとても好きです。

『シャーロック・ホームズ』は、なんだかんだ言って仲良しな二人を楽しむ作品でもあります。永遠に仲良しでいてくれ。

 

 

 

 

エンドでちゃんとネタ晴らし

 

ベネディクト・カンバーバッチ出演のドラマ版『シャーロック』では、事件のネタ晴らしを完全にやってくれなかった記憶があります(後にあるのかな?)。

今作品は鑑賞者が「あれ?これはどうなってたの?」という疑問点もちゃんとエンドで証明してくれます。

これには「そうだったのね~」と納得。

絞首刑のトリックには、自分で首を吊って事件の証明をするシャーロックにも、だいたい見慣れてそうなジョンにも笑えました。

こんなシャーロックと長い間同居していたジョン。結婚を機に引っ越しをしますが、なんだかんだ言ってジョンは普通の生活にはいつか飽きそうですよね。

 

 

 

 

まとめ

 

助手がジュード・ロウはやばい。