She's Lost Control

記録とメモ。

SF版スタンド・バイ・ミー『ストレンジャー・シングス 未知の世界』シーズン1を観終わった

 

f:id:midnightmomo:20171108085649j:plain

 

the Duffer Brothers 『Stranger Things』(2016)

 

 

評価:☆☆☆☆

 

SF版『スタンド・バイ・ミー』っていうのは完全に雰囲気だけで言った。内容もよく覚えてないけど、こんな体験できる友達これから先一生作れないだろうって意味で。

 

 

 

1章ずつ感想を書いていくつもりだったけど、面白くて最後まで一気に観た。田舎町で次々に不可解な事が起こるという使い古された展開にも関わらず飽きなかったのは、登場するキャラクーみんなが魅力的に描かれていたからだと思う。謎の生物の正体がなんなのか、そういうものが一切分からなくても、奮闘する子供や大人たちの姿を見て、どうかみんな幸せになってくれーっと最後には涙を流しながら観ていた。

 

ほんとうにキャラクターみんなが可愛かったし、誰一人として当て馬のような人はいなかった(たぶん)。とくに子供たちが科学の大好きなSFオタクだっていうのもいい。SF映画を例えに会話する子供たちをみて、ネタが分かる人は楽しめたんじゃないかな。私はあんまり分からなかったから、色々と会話の中で出てきた映画をこれから観てみたいな。分からなくても、子供たちがあーだこーだと言いあうシーンは可愛かった。
子供たちの中でとくにお気に入りなのはダスティン!最初はお調子者の怖がりさんなのかな?と思ったけれど、案外懐の大きい子。6章にて、虐めっ子から難を逃れたエルとマイクが抱き合っているところを、ふたりを覆うようにして抱きしめポンポンと背中を叩く姿は本当に魅力的だった!なんかいい父親になりそうだなとか思っちゃった。他にも、自転車に乗りマイクとダスティン2人でエルを探すなか、「君だって一番の友達だよ」とマイクから言われた時のダスティンの顔と言ったら!もー、たまらなかった。
ダスティンだけじゃなくみんなみんな可愛いけれどね。ルーカスなんか結構強い口調でものを言うものだから、鑑賞しながら何度も落ち着いてくれー!って思っていたけど、ウィルを早く見つけてあげなきゃっていう正義感があってこそなんだよね。エルの気持ちを考えるとルーカスの言葉に自分まで傷つけられた気になっていたけど、仲直りをした2人を見てホッとした。

そう考えると、ここまで楽しませてくれる子役たちの演技力すごい。観ている最中は演技のことなんか気にしないんだけど、気にさせないほど上手いってことだ。

 

そして、群を抜いて私が一番応援していたキャラクター!ウィルの兄貴のジョナサンだけど、ほんとーーーにお礼を言いたくなるぐらいの大好きだよ。日本語が破滅する。
ナンシーと化物退治のためにミリタリーショップへ行くシーンはお気に入り。レジカウンターにドカドカと商品を置くふたりは勇ましく魅力的だったし、ふたりはお似合いだと思ったのにな。エンドでスティーブと一緒にいるナンシーを見て、ちょっとだけガッカリした。でも、スティーブもスティーブで根は心の優しい人なんだなって思えるシーンがたくさんあって(カメラ落としたのは最悪だったけど!)、まぁ微笑ましかったかな。ナンシーはスティーブをちゃんと家族にも紹介しているみたいで、家族との絆も戻ったのだと確認できて心が温かくなったよ。父親はまぬけに見えたけど。

でも何よりもジョナサンの一番好きなシーンは、戻ってきたウィルに優しく声をかけるところ!心から本当に良かったと思えるシーンだった。シーズン2があるから、バッドエンドで終わったらどうしようと思ってた。ジョナサンは人間が嫌いなんて言ってるけど、愛情深い人。学校の体育館でプールに浮かび別次元へ行ったエルを「大丈夫私がそばにいるからね」と励ますウィルママのシーンを見て、ああジョナサンはママの血をちゃんと受け継いだ子なんだなって思えた。もしジョナサンがシーズン2で酷い目にあうようなら私は耐えられず荒れまくるでしょうね。どうか、また心優しいジョナサンが見られますように!

 

シーズン2は10月27日配信予定。気力があれば観るぞ!